MENU

彼の恋心を冷めさせない為のお付き合いの仕方とは

恋人に対しての考え方は、男性と女性では大きく違います。
女性は女友達の延長で、自分の感情のままに付き合追うとするのに対し、男性はあくまで「彼女」としてデートの楽しさや恋人としての関係を重視するものです。
男女の違いが分からないと、ふとしたきっかけで彼から呆れられてしまうこともあります。
彼とお付き合いするに当たり、注意するべきこととはどのようなことでしょうか。

 

1.他人の話ばかりする

女性は口から生まれてきたと言われるくらい、お喋りが大好きな生き物です。
特に人の噂話は楽しくて仕方がありませんね。
しかし、男性からすれば自分に関係のない人間の話しは殆ど興味がありません。
「ふーん」程度の相槌しか返ってこないのもその為です。
折角二人で共有できる時間を持っているのですから、関係のない人の噂話で時間を無駄にしないようにしましょう。
また、それと同時に自分が過去に付き合っていた男性の話もしないようにしましょう。
男性はプライドが高いので、比べられていると思われてしまい、貴女への思いが冷めてしまうことになりかねません。

 

2. 感情的になり過ぎる

ちょっとした意見の食い違いでも、すぐに泣きながら「どうしてあなたはすぐにそう言うの?」と責められてはたまったものではありません。
女性はすぐに感情を表わして共感を求めようとしますが、男性にとっては「面倒くさい女」以外の何物でもないのです。
メールの返事が来ないからと言って会った時に文句を言われても、男性からすれば、今実際会えているのだからいいじゃん、程度にしか思いません。
たまには可愛く甘えることは必要ですが、感情的な態度を取った後にそのままふてくされず、泣きながら笑って「このケーキ、美味しい!なんかもう幸せになっちゃった」と言えるような可愛い女性になりましょう。

 

3.マンネリからくる倦怠期

デートの約束をしているにも関わらず、彼から「面倒くさいな」と思われているかも知れません。
マンネリのデートコース、会話が続くと、毎回こんな状態なら暫く会わなくてもいいかなと思われてしまいます。
男性がその状態に癒しを感じることができれば、そのまま結婚へと踏み切ることもできるという、実に境界型であったりもします。
外で会って食事をするというデートを続けているだけよりも、早めにのんびりできる場所で、貴女のお弁当や手料理を食べさせてあげるような機会を作って様子を見た方が良いでしょう。

 

終わりに

彼氏はあくまで恋愛相手であって、なんでも一緒の女友達とは違います。
独立した人間と性別であることに敬意を表し、彼を立てる気持ちを忘れないようにすれば、きっと末長いお付き合いを楽しめることでしょう。